レイクランドテリアとは?

レークランドテリアは、今日知られている最古の作業テリアの一つです。
穴居害獣補足用に用いられてきました


レークランドテリアの仔犬レークランドテリアの仔犬レークランドテリアの仔犬







レークランドテリアは、イングランド北部の湖水地方にある、ごつごつした泥板岩の山々で、小さな害獣を狩るために繁殖されました。
湖水地方の原産のレークランドテリアは、非常に勇敢で、キツネの後を追って地下にもぐり、遠くまで行ってしまうこともありました。


何世代にもわたる作業犬ですが、レークランドテリアは好評を博しました。どんな悪天候にも耐える濃い被毛、たくましい身体、がっしりした短い背中が注目を集めました。不屈の闘志と勇気を持つ犬ではありますが…、人間に対する穏やかな気質が、人を引き付けることをやみません。

レークランドテリアのサイズとは?

レークランドテリアの仔犬成犬の理想的な体高(背中ぐらい)は、14.1/2インチ(36.8cm)です。メスは、オスより1/2インチ(3.8cm程度)低くともかまいません。ただあくまでも理想なので、あまりこだわりすぎず、目安になさってください。




レークランドテリアの仔犬 よく均整のとれたオスの体重は平均17ポンド(約7.7キログラム)です。

レークランドテリアの毛色


毛色はレッド、レッドグリズル、ウィートン、ブラックタン、ブルー、ブラックが認められておりますが、世界的なドッグショーに行ってもブルー、ブラックを目にすることはまずありません。 レークランドテリアの仔犬
仔犬たちは成犬になるに従って色の入り方抜け方は個体差があります。
また、毛のお手入れ方法によって(プラッキングまたはバリカン)によっても異なります。
プラッキングは手間がかかりますがボディの硬い被毛を形成するのには必要な作業です。テリア本来の魅力を引き出します。
当犬舎ではプラッキングを推奨しております。